幸運な病のレシピ( 907 )夜:すき焼き鍋(鳥の胸肉)、鶏皮・ネギ焼き鳥

https://masaya50.hatenadiary.jp/entry…
少し前にもすき焼き鍋はした。今日は、牛肉が少なかったので、鶏肉も一緒に使った。
僕が小さい頃は、豚肉でした物だった。
牛肉はとても高かった。

すき焼き鍋は2回に分けて肉を入れる(僕の場合)。
1回目はダシを取るために、まずは牛肉を強めに炒めて、砂糖と醤油で味を入れる。
砂糖は甘くするのではなく味を濃くするためだ。

「糸コン、焼き豆腐、きのこ」を入れて少し酒を足しながら「ネギ、白菜、人参」を入れる。
そこに「ダシ汁」をたす。
最後に、味わうための牛肉を入れる。

今回は昆布水を入れたのだが、やっぱ、ある程度顆粒のだしの方がいいようだった。味が薄い感じがした。
やっぱ鶏肉だったしなあ(笑)。
脂質の量が足りなかった。

油は旨味と満腹のメインプレイヤーだ。できるだけ精製した油は使いたくないので、油の多い肉を使いたいなあ。豚にすればよかった。

「今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。」はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/201804…

『炭水化物がいらない食卓』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/201708…

『幸運な病のレシピ 宣言』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/201708…

『幸運な病のレシピ』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/search…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP