高校生らが地元食材のレシピ競う 篠山市でイベント

兵庫県篠山市の特産品をPRしようと高校生がレシピを考え調理を行うイベントが6日、篠山市で開かれました。

この「高校生グルメチャレンジin丹波ささやま」は篠山市の特産品をPRするとともに高校生がレシピを考え調理することで、市内の食文化を理解してもらおうと篠山市商工会議所が開いたものです。

テーマの食材は篠山産の米「コシヒカリ」で、6日の決勝戦には事前に応募のあった24のレシピの中から篠山の黒豆を使ったちらし寿司など5つが選ばれ、レシピを考えた生徒が実際に調理しました。

審査の結果、福知山淑徳高校の「篠山京マカレーまん」が優勝しました。 優勝したメニューは篠山市内のレストランで提供される予定です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP