“最強の麻薬”レシピ、カリカリ「エノキソテー」がヤバい! 外はカリカリ、中はトロトロで箸が止まらない

小束にしたエノキをタレに絡めて焼いた、“エノキのソテー”が「最強の麻薬」だと話題になっています。リスクなしでぶっ飛べる、最高のレシピを早速作っていきましょう! 【画像で見る:“カリカリエノキソテー”の作り方】  レシピをツイートしたのは、ボーカリストとして活躍するSennzai(@sennzai)さん。Rakutenレシピに掲載されている「えのきのカリカリソテー」を元にアレンジしたレシピを投稿したところ、9万7000件以上の“いいね”が寄せられています。  用意するものは、エノキ1束、酒、しょうゆ、生姜(チューブ)です。  まずはエノキを適当な束になるように割きます。次にしょうゆと酒を1:1になるようにしたら、お好みの量の生姜を入れて混ぜ合わせます。  混ぜ合わせた液にエノキを漬けてからませたら、各エノキの束に片栗粉をまぶします。このとき、あまり片栗粉を付けすぎるとダマになってしまうので、付けてから少し払うと良いでしょう。  あとはフライパンに多めのサラダ油を敷き、カリカリになるまで両面焼けば、“エノキのソテー”の完成です。これはおいしい予感しかしない……!  早速いただいてみましょう。カリカリッとした表面とトロ~ッとした中の食感についついお箸が伸びてしまいます! エノキのうま味と、生姜がよく合うので、おかずにもおつまみにもなりそうです。うまい……!!!  今回はこのレシピをベースにアレンジレシピも考案してみました。まずはサラダ油の代わりにごま油でエノキをソテーした後、刻み青シソを添えたさっぱりバージョン。こちらは香ばしいごま油の香りと、爽やかなシソの風味がマッチして食欲が落ちがちなこのシーズンでも食べやすいです。  次に通常バージョンに七味とマヨネーズを添えた、マヨ七味バージョン。こちらはジャンキーなおいしさがプラスされているので、おつまみにピッタリです!  Sennzaiさんによると、表面をカリッカリにするために油は多めに入れること、片栗粉がべちゃべちゃにならないようにタレをからめすぎないこと、片栗粉をまぶしたら時間を置かずにすぐ焼くことがポイントとのこと。ぜひ試してみてください! レシピ協力:Sennzai(@sennzai)さん

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP