春が旬♪メバルの煮付けの作り方

説明解説は字幕を利用してください
Please use subtitles (cc) for explanation and explanation

冬から春にかけてが美味しいメバル♪
煮付けにしました。
レシピは
減塩醤油大さじ4
薄口醤油大さじ1
砂糖大さじ3
水75cc
酒75cc
です。
(醤油は基本的に減塩を使っています)
中火〜強火で8分くらい煮ました、一気に仕上げる感じ。
長時間煮ると旨味が逃げて身が硬くなるので短時間で仕上げてます。煮汁につけながら食べます。
身離れがよく、ふわっとした白身が美味しいですね。

煮る前に、、、お湯に少し水を入れて温度を下げた中にメバルを入れます。
鱗や汚れ、臭みを取るためです。
急に高温に入れると身が縮み、皮が剥がれ落ちやすいので水を差して温度を下げた中に入れます。

箸でハラワタを取ったのは「ツボ抜き」といいます。お腹を切って内臓を出すと煮ているときに切り口から崩れていく可能性があります。またハラキリは縁起が良くないということもあります。

表は十字に切れ目を入れましたが、皮が剥がれたり身が割れてしまうのを防ぐためです。
裏面は多めに切り込みを入れて火が通りやすいようにしました。

さかなクンがメバルのことを説明してたぎょ♪(オモシロイ)
https://www.youtube.com/watch?v=FaLNd…

In Japan this fish is called a meval. It is a small fish but expensive. It is popular because it is very tasty when boiled fish. From winter to spring will be in season.

Japanese boiled fish is delicious. It is an image simulating fish with sauce of Teriyaki chicken.

Like scenes like a movie, check the scales many times and take it firmly.
I took an internal organs with chopsticks like a movie. When you use a kitchen knife it will collapse from the cut. It is called “Tsubonuki”. It means “to get out of the pot”.

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP