台湾の金門島に残る駄菓子屋 / 日本の風景が今も残る街

子どもが減っている昨今、駄菓子屋を続けるのは非常に厳しい時代といえるかもしれません。しかしながら、日本から失われた「昭和の駄菓子屋」は意外なところでまだ残っていました。それは台湾。たとえば金門島の駄菓子屋は、いまでも子供たちの楽園として、憩いの場として、地域住民に愛されています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP