日本風景街道 信州遠山郷 「天に至る まつり古道」

信州遠山郷「天に至る まつり古道」は 国土交通省が推奨する、道を舞台に地域の自主性にもとづく多様な主体性による協働のもと、美しい国土景観の形成、地域の活性化、観光の振興を図る取り組みです。古き伝統文化が息づく天空に一番近い郷です。この下栗の里は、日本のチロルと呼ばれ、日本の里百選に選ばれています。傾斜30度余の山腹を切り開いたこの土地は、下から見上げるとまるで天まで続くような感覚になります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP